フウリンソウはカンパニュラの仲間で、学名からカンパニュラ・メディウムあるいはツリガネソウとも呼ばれます。

ツリガネソウ、聞いたことある。

南ヨーロッパの原産で、カンパニュラの中では、株も花も大きく、たいへん見栄えがするので昔から栽培されてきました。

キョウ科ホタルブクロ属の二年草で、学名は Campanula medium
  

ヨーロッパの南部が原産

石灰岩地の土手などに生え、高さは60~120センチになります。

葉はへら形で互生し、茎の下部にまとまってつきます。

4月から6月ごろ、総状花序にベル形の紫色の花を咲かせます。

藤色や青色、ピンク色などの花色があります。

なんて繊細な…

首が面白い。

Share Button