ガンの疼痛などで、ジクロフェナクNa坐薬 も使えます。

腹水で身体が重くて、背中側が疲れ、痛いような表現をするときなど。

非ステロイド性抗炎症薬 (NSAIDs)(内服薬・坐剤・注射剤)

体内で炎症などを引きおこすプロスタグランジンの生成を抑え、炎症や痛みなどを抑え、熱を下げる薬

NSAIDs うち。

NSAIDs(エヌセイズ)とは、Non-Steroidal Anti-Inflammatory Drugs(非ステロイド性抗炎症薬)の略称。

体内で炎症や痛み(疼痛)、熱(発熱)などを引きおこす物質にプロスタグランジン(PG)というものがある。

体内でPGはアラキドン酸という物質からシクロオキシゲナーゼ(COX)という酵素の働きなどによって生成される。

PGは炎症や痛みを引き起こす要因となるほか、脳の視床下部にある体温調節中枢に情報を伝え、この情報を受け取った体温調節中枢は身体各部に体温を上げるように指示を出す。

これにより発熱が生じる。

非ステロイド系抗炎症薬(NSAIDs)はCOXを阻害することでPGの生成を抑え、痛みや炎症、発熱などを抑える作用(解熱・鎮痛・抗炎症作用)をあらわす。

NSAIDsの製剤には、主に全身への作用を期待して用いる製剤と局所への作用を期待して用いる製剤があるが、本剤は、内服薬・坐剤・注射剤などの主に全身への作用を期待して用いる。

ボルタレン
  •  強い抗炎症・鎮痛作用を持つ薬剤
  •  SRカプセルは作用が持続する徐放性製剤であり、一般的には錠剤に比べ胃腸障害も軽減されている

ポイントは、冷所保管です。

挿入する際、患者さんに深呼吸してもらいましょう。

横向きになってもらうと、やりやすいです。

指の第2関節くらいまで入れるのが目安です。

最初は看護師さんに聞きながらやるとわかりやすいかも。

Share Button