かぶれ(アレルギー性接触皮膚炎)のパッチテストを皮膚科で行いました。

平日5日間かけて行います。(初日に貼り付け→3日目→5日目)
使用している化粧品や衣類や洗剤などをパッチテストに適した濃度に調整して専用パッドに塗って皮膚に貼り付けます。
今回、私は化粧品が原因かもしれないので、顔に使うコスメを中心に持参しました。
一般的には背中や上腕に貼ります。私は二の腕にはりました。

製薬会社からでてる既製品を左腕に・・・

24個チェックできるみたいですね。

持参したコスメのオリジナルパッドは16個。看護師さんにセッティングしていただき、皮膚科医の先生に右腕にはっていただきました。
あれ?11種類を持参したんだけど、いつの間にか増えている。何かの濃度を変えているとかかな??
(後で教えていただきましたが、私が持ってきた以外にもワセリンなどいくつか規定のアイテムも使ったようです。)

14:20頃つけました。

<料金>
初・再診+検査料でおおよそ4200円(自費の場合)3割負担なら1400円くらいが目安だと思います。(テストの数などによるみたい)
薬剤費だけでなく看護師さんが調合してパッドを作る時間など考えたら安いですよね。

<経過>

早速、14:35 かゆい!左側。既製品のほう。真ん中あたり。服着て移動中だったからだいたいの位置しかわからないけど、真ん中あたりな感じ。

帰り道だから病院にもどろうか迷う。
この程度は当たり前なのかな?

我慢すること、17:00になり、病院も終わっているから戻っても仕方ないと諦めがつく時刻。
さて、腕はどんな感じかというと・・・

左腕だけムズムズする。右腕は大丈夫。

左腕の真ん中下側、やや前側がチクチクします。番号でいうと、10・11・12あたり。11かな〜。
ひとつずつ確認していったら、10〜12のあたりは、かゆいをこえて、チクチクになったのと
13が痛いんですよ。痒いとかチクチクじゃなくて、もう打撲したみたいな痛さ。なにこれ。

右側(いつものコスメ)は大丈夫。

夜にはもう、左側は全体的にかゆくなってきて、どの数字がかゆいかわからないくらいなんだけど
後ろ側も痒くなってきた感じがする。
押してみて痛いのは、15・16・20・23・24あたりかな〜。おおよそなんでズレているかも。

・・・・・・・・・・

朝4:40起床

あれ?右側も痒くなってきた。けど痒い場所がテープのとこ。
あとはテープ貼ってない内側の部分。つまり、テープかぶれかな?

そして左側は全体的に痛い。はやく剥がしたいわ〜
脇のリンパが痛い。毒素をBODYに流さないようにブロックしているのかな?
これだけ色々な毒素をぬっているんだからそうなるよね。

昼頃11:30

左腕の5・6番あたりも痒くなってきた。
右腕は後ろ側。場所特定できず。もしかしてシートがかゆいかも?

21:00

左腕、12番中心に痛いんですが。もう、剥がしたい。

動画撮影

15:30 病院にて剥がす

あれ?むしろテープでかぶれている笑

チクチクしてた10.11.12 あまり赤くない

後ろ側もあんまり。

先生いわく、15が赤いらしい。

 

右腕は

マイコスメたち。あまり反応なし。

むしろテープのあとが赤い。

(後日、このうち1つが問題と判定されました。心当たり有り有りのアイテムでした。)

 

そしてラストの日、いよいよ判定です!

ラストは、今の状況に合わせたお薬も出たので、714ポイント。おおよそ7140円くらい?(自費の場合。あくまでも目安です。)

 

<結果>

★パッチをつけて1時間もしないで「かゆい!」になったのが10・11・12でした。

 

10:ペルーバルサム(Balsam of Peru)樹脂

香料、外用剤、ソフトドリンク、化粧品、接着剤、日焼け止めなど

バリバリテープかぶれしますので。接着剤だめですね。

 

11:金チオ硫酸ナトリウム(Gold sodium thiosulfate)金属

貴金属、電子部品、歯科用金属など

出ました、金属。もうね、苦手意識あります。すでに。
ジュエリーアクセサリーは、撮影の時しかしません。
イベントの1~2時間しかしません。すぐとります。

歯科矯正の影響については、皮膚炎になった後から歯科矯正したので、時期的にどうなんだろう?

12:塩化コバルト(Cobalt chloride) 金属

セメント、インク、絵具、鍵、ファスナー、エナメルなど

そう、だから私はジェルネイルですよ。エナメル加工のバッグや財布も注意ね。

 

・・・・・・・・・・・・・

★その日のうちに、かゆいを通り越して「痛い」になった。しかも1ヶ月経っても跡が残っているのが13番。

強烈な拒絶反応をおこしておりまして、これは自覚あるアレでした。

 

13:.p-tert-ブチルフェノールホルムアルデヒド樹脂

(p-tert-Buthylphenol formaldehyde resin)

ゴム・革製品

(靴、ハンドバック、時計のベルト、帽子、ベルトなど)、接着剤など

革製品が苦手なのは、中学生頃には気づいてました。でも「コーティング剤」など、表面加工の問題もあるので、革そのものかはわかりません。
ゴムはあまり意識していませんでした。メイク用品のラテックスも注意が必要ですね。

でもって、接着剤。そう、マツエクしていた時代、ブチルがダメだったと思う。
しばらくマツエクしなくなったので、目はだいぶよくなったけど。マツエクの接着剤ね。あれはひどかった。

・・・・・・・・・・・・・

★先生が「これは赤くなっている」と言っていたのが15番

15:カルバミックス

(ジフェニルグアニジン、ジエチルジチオカルバミン酸亜鉛、ジブチルジチオカルバミン酸亜鉛)

(Dithiocarbamate mix)

ゴム製品

(ブーツ、靴、ゴーグル、イヤホン、医療用手袋など)

イヤホンつけているけど、耳は大丈夫かな。足も、ブーツの影響を受けてない気がするけど・・
必ずしも接触した場所と反応がでる場所が一致するとも限らないし。ちょっと様子見ですね。

・・・・・・・・・・・・・

20・23・24

5・6

結局このあたりは大丈夫でした。

かゆい気がしていたけど、周りのテープに反応していたみたいです。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・

 

<ご注意>

パッチテストによって水膨れが現れたり、色素沈着として跡が残ったりしてしまうことがあります。

私は跡が残りました。1ヶ月以上も経過しているのですが。赤いのと茶色いのと、皮膚が硬くなっています。
かぶれている時や、かぶれが良くなって少し茶色く色素沈着として残っている場合に紫外線にあたると、より茶色く跡に残りやすくなってしまうそうなので、UVはとくに注意デス。

 

 

Share Button