今回処方していただいたのは、中くらいの強さのステロイド「アルメタ」。顔用として出していただきました。マイザーが残っているのですが、マイザーは強いのでBODY用だから。
ここ最近、ステロイドを使わなくても大丈夫になってきたんですが、次回の皮膚科まで年末年始をはさむので、万が一の場合に備えてmiddle classを1本。
今まで1本どころか10本で強レベルのを処方されていたことを考えれば、だいぶ良くなってきました。

<アルメタ軟膏>

製造しているシオノギ製薬のPDF(http://database.japic.or.jp/pdf/newPINS/00011986.pdf)より抜粋

メイン成分:アルクロメタゾンプロピオン酸エステル 1mg(参考:アルクロメタゾンプロピオン酸エステル軟膏は 0.1%ヒ ドロコルチゾン酪酸エステル軟膏に比べて,1.25~2.85 倍の皮 膚血管収縮能)
形状:微黄白色,半透明のなめらかな半固体で,わずかに特異なに おいがある。(軟膏)
重大な副作用:眼圧亢進,緑内障,後嚢白内障(頻度不明)
添加物:流動パラフィン,ソルビタン脂肪酸エステル,プロピレング リコール,ベンジルアルコール(←これちょっと気になるけど),白色ワセリン

※徹夜して乾燥気味な朝4:20頃、初めてアルメタを使いました。
↓結果

*メントールな感じがしてスースー寒かった(冬に使ったせいもある)
*ピリピリしみた。今までステロイドでしみた事がなかったのでこれはまずいと思ってやめた。→先生に報告して違う薬にしてもらおうかな。

皮膚炎との闘いはこれで2年くらいになるのですが、発症から治ってくるまで、こんなにかかるとは思いませんでした。
ここ最近は先生のおかげで本当にマシになりました。
皮膚炎関連で検索してくるかたが多いので、そろそろ皮膚炎との闘いまとめ(インデックス整理)でもしましょうか。

Share Button