UVcutのSPF値&PA値の紫外線計算式

紫外線にまつわる計算式。ありそうで、あまり見かけない紫外線計算式について、できるだけ簡単に解説します。

こちらは敏感肌向けコスメブランドBIODERMAの日焼け防止クリーム。1年間愛用しましたが、アレルギー体質の私の肌でもバッチリ大丈夫でした。
ところで「SPF50+」と表示がありますが、なぜこの数値なのかご存知の方が意外と少ないのです。

UVカットのレベルを表す数値として、SPFとPAはご存知の方も多いですね。
UVにはA波B波C波などがあり、それも知っている方は多いです。
次に、この辺りから、すらすら答えられない人が出てきます。

SPFとは「Sun Protection Factor」の略。
PAとは「Protection Grade of UVA」の略。

いかがですか?ご存知でしたか?

さらに、紫外線防御にこだわりのある人は知っているかもしれませんが、

UV BのカットレベルはSPFで表現して、
UV AのカットレベルはPAで表現する。

いかがですか?ご存知でしたか?(下のイラスト参照)

 

 

 

 

UV Bは、表皮に届き、「しみ・そばかす」の原因になります。(20〜30代から悩みが増えるケースが多い)
UV Aは、真皮に届き、「しわ・たるみ」の原因になります。(40〜50代でとくに悩むケースが多い)

 

ここまで、美容に詳しい人なら、とっても簡単!ですが、ここからが美容に詳しい方でもちょっと曖昧な部分になってくるので、しっかり勉強しましょう。

 

SPF 2~50(50+)

SPFが何故、2〜50+という数値で表すかご存知ですか? 50の意味は?

 

問題:SPF50 はUV Bを何%cutする?


SPF50は、50%cutという意味ではありません。1/50にするという意味です。
計算していきましょう。
UV Bを 1/50にする=2%にする。つまり98%cut!

SPF25はUV Bを 1/25にする=4%。つまり96%cut!

SPF10はUV Bを 1/10にする=10%。つまり90%cut・・・

SPF2はUV Bを 1/2にする=50%。つまり50%cut・・・

 

 

PA+~++++

PAが何故、+という数値で表すかご存知ですか? +の意味は?

 

問題:PA+ はUV Aをどのくらいcutする?


PA+の+は、+(足し算)の意味ではありません。UV Aを1/2にするという意味です。
計算していきましょう。

 

PA+ は、UV Aを1/2にする。50%cut

PA++は、UV A 1/2の1/2にする=1/4 つまり、25%に抑える=75%cut

PA+++は、UV A 1/4の1/2にする=1/8 つまり、12.5%に抑える=87.5%cut

PA++++は、UV A 1/8の1/2にする=1/16 つまり、6.25%に抑える=93.75%cut

 

ご存知でしたか?

詳しくは、下記にも説明してあります。

Share Button

yukanatsumi