DENIM STYLE from GINZA SIX 👖デニム染め&デニム人魚

夏に向けてNewDenimStyleをお探しの方。銀座に新しくOPENした「GSIX」に斬新なデニムショップが登場。
デニム好きにとってはたまらない!目の保養に最適なショップ構成になっています。

まずMen’s (とは言えunisexですが)からご紹介。

DENHAM GINZA SIXデンハム ギンザ シックス

デニム染め(おそらくウォッシュ段階)の実演を見ることができました。
あえてイケメンを店頭において実演させるという計算され尽くしたショービジネス。
そう。ファッションはまず見た目でキャッチし、機能と素材でクロージング。これで良いのです。
その腕は確かで、ゆっくり、丁寧に作業していきます。

動きは動画を御覧ください。

ブランド名の「デンハム」は、デニムから来ているのかと思いきや、ブランドデザイナー(創業者)「ジェイソン・デンハム」さんのお名前から来ているそう。

2008年にオランダ・アムステルダム誕生したDENHAM(デンハム)。
アメリカでもなく、イギリスでもないデニムブランド。珍しいですね。

 

ベストなデニムを作るために、
まずはじめに最高にプレミアムなデニム生地を選ぶ

1. 柔らかく耐久性が高い、最高品質のロングファイバーを採用
2. 最先端のパフォーマンスをもつハイブリッドデニム生地を取り扱う、最高のイタリア生地メーカーとの協力
3. 生地の種類の区別なく、全てのデニムに対しての経年変化へのこだわり
4. 革新に対する情熱を持ち、常に最先端の染色工程を研究

TO CRAFT THE BEST JEANS:
START WITH THE BEST PREMIUM DENIM FABRIC

1. The Highest Quality Long-Fiber Yarns – Soft and Durable
2. Partnership with Italy’s best Weavers – Modern Performance & Hybrid Weaves
3. Obsession with How Fabrics Age – Both Rigid and Stretch
4. Passion for Innovation – Cutting Edge Dying Process

(webより)

デニムの良さは耐久性はもちろん、何と言っても「経年変化」の味わい深さ。
使い込むほど価値が上がる。

そしてハイブリッドデニムが気になる。デニムのハイブリッドとは?

神は細部に宿る
「もしデンハムデニムのクォリティーを見たければ、表裏をひっくりかえしてみてください」

デンハムのデニムに配置されている5つのポケットの周りには、洗練されたモダニズムの感性と多くの印象的なシグネチャーディティール、そして絶妙なデニム構造の革新を表現しています。

1. 691ものステッチでかたどるデンハムのシザーロゴ
2. 黒いサテンパウダーでコーティングを施したプレミアムな銅製のハードウェア
3. 簡単に開け閉めでき1枚布で作られた耐久性あるワンピースボタンフライ
4. ブランドの隠れたアイコンである7角形のFOBポケット(コインポケット)
5. ロゴやシザーがプリントされた内側のヨークパネル
6. 耐久性のあるダブルステッチの入ったヒップポケット
7. シザーがプリントされたフロントポケットの裏地
8. シザーが刻印された銅製のリベット

“IF YOU WANT TO SEE THE QUALITY OF A JEAN, TURN IT INSIDE-OUT”
THE TRUTH IS IN THE DETAILS

The 5-pocket range expresses a refined modernist sensibility and features an impressive array of signature details and subtle construction innovations.

1. 691 STITCHES IN THE DENHAM SCISSOR LOGO
2. PREMIUM COPPER HARDWARE WITH BLACK-SATIN POWDER-COATING
3. UNIQUE EASY-OPENING 1-PIECE FLY
4. HIDDEN 7-POINT FOB POCKET: AN ICON FOR THE BRAND
5. PRINTED INTERIOR YOKE PANELS
6. DURABLE FISHBONE-LINED HIP POCKETS
7. PRINTED FISHBONE FRONT POCKET BAGS
8. EMBOSSED COPPER RIVET

(webより)

確かに。実演では裏側を見せていました。
こちらのブランドのマークはシザー✂︎(ハサミ)なんですね。

スマートな男性は手荷物がほとんどない。デニムパンツに隠された便利なポケットにONすればOK。

 

1. 50以上の工程で開発されるブランド独自のフィット感
2. イタリアのベストパターンメイカーとの緻密な共同研究
3. パターンから縫製まで徹底した提携
4. 継続的なモニタリングを行い、フィットと肌触りを常に改善

1. OVER 5 DECADES OF IN-HOUSE FIT DEVELOPMENT EXPERIENCE
2. CLOSE COLLABORATION WITH ITALY’S BEST PATTERN MAKERS
3. CAREFUL ALIGNMENT OF PATTERN AND FABRICATION – BOTH RIGID AND STRETCH
4. CONTINUOUS MONITORING AND REFINEMENT OF FIT & FEEL

(webより)

 

そして、レディース「PARIGOT(パリゴ)」。

「LeDENIM」のラインは買い付けだそう。

Denim Dress のマーメイド。
レースとデニムの組み合わせでカジュアルガーリーに仕上げている。

背景には、葛飾北斎ばりのデニム波がたつ。

あくまでも個人的な意見ですが、
アカデミー賞のレッドカーペットは露出で勝負するより、こういったアートで勝負することをお勧めします。

 

Share Button

yukanatsumi