マスクもファッションのうち:デザインマスク

日本人は花粉症でない人も風邪ひきでない人も、マスクをする人が多いですね。
海外の空港では「この人具合悪いの?」と若干避けられるようですが、徐々に理解されるようになったかもしれません。
A lot of Japanese people wear #masks even if they’re feeling well. #tecmask #fashion

フライトする時などは飛行機内は乾燥するので、濡れマスクをする乗客も結構います。
濡れマスクは、マスクの下に乾燥を防ぐ物体を入れるのですが・・本当に様々な便利マスクが日本にはありますね。

が、しかし。ここ1〜2年でしょうか?
機能性だけでなく、デザイン性でマスクを選ぶ傾向にあるのを感じます。
キャラクターのマスクや、面白いネタマスク。
そして今回ピックアップしたのは、オーストラリアのブランド「TEC MASK」。大人っぽいデザインです。

サイズは、小さいサイズ(子供・女性用?)と大きなサイズ(男性用?)とあるみたいですが、
外出する時は大きなサイズが顔全体を覆ってくれる感じがして安心感があります。
様々なデザインがあります。ただし1枚600円くらいはするようなので・・どのくらい世の中に浸透しますかね。
このTEC MASKは紙製です。使い捨てですね。ただこれ以前に知っていたキャラクターマスクは洗うタイプでした。(日本のアイデア・生産は中国など)
シンプルな白の使い捨てマスクの上に、キャラクター布マスクをすれば、ファンデーションがついても内側の紙マスクだけ捨てればOK。
だけどこのTECMASKの場合は、これ自体が紙マスクなので・・・2重にして内側に白い紙マスクを使えばいいですかね?息が苦しそう??

ま、大人デザインなので、キャラマスクにはない良さもありますので、様子見ですね。

マスクをした場合のメイクアップテクニックがあるように、
ファッションコーディネートの一部にマスクが含まれてもおかしくない時代。

ただ、これらのデザインを見ると、そこまで派手な柄ではないので、わりといろんなファッションに合わせ易いと思いました。
ピンクのチェック柄とか、そういうのだと部屋着にしか合わせられないって思ってましたが、今回紹介するデザインであれば、そうとう幅広い普段着に合うと思います。
The new art of breathing.  がメーカーさんのキャッチフレーズのようです。

つけた写真を(撮影忘れなければ)追記しておくかもしれません。

 

 

Share Button

yukanatsumi