【地球が泣いている】北極が危ない・Arctic is dangerous【The earth is crying】

大統領が変わった、芸能界でスキャンダルがあった、買収した倒産した等と世の中でニュースになって騒がれていることはたくさんありますが、
どれもこれも地球が終われば、すべて一瞬にしてなくなります。

There are many things that the president changed, there was a scandal in the entertainment world, the bankruptcy acquired, etc. And becoming news in the world and making noise.
Everything will disappear in this moment if the earth disappears as well.

地球、そして宇宙に、なにか異変が起きているニュースもちらほらあるのですが、あまり注目されていないので(前述のとおり重要な事態ですから)ここに記してまいります。

 

AFP通信(AFP BB News)・・・・・・・・・・・・

北極圏に位置するカナダ北東部の沖合で、昨年末から海底から複数回にわたり奇妙な音が確認されている。
この海域では通常、イッカクやホッキョククジラ、ワモンアザラシ、アゴヒゲアザラシなどが頻繁に姿を現すが、猟師たちによると昨年から動物たちの姿が見られなくなったという。

The location is offshore of northeastern Canada located in the Arctic Circle.
At the end of last year, a strange sound was confirmed several times from the ocean floor.
In this area, “Ikkaku, polar bear, hamon seals, bearded seals” often appear frequently.
However, according to the hunters, it seems that the appearance of animals can not be seen from the end of last year.

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

一種類の動物だけでなく、何種類もの動物が一斉にいなくなったことは、とても不吉な感じがしてなりません。動物たちは素直です。そして自然に忠実です。

“The fact that not only one kind of animal but also several kinds of animals are gone at once” is ominous.
The animals are honest. And it is faithful to nature.

北極近辺では他にも異常が発生しています。 There are other abnormalities near the Arctic.

 

*温暖化が進む北極圏で海氷が消失し、トナカイが異常発生、そして数万頭が餓死した。
Sea ice has disappeared in the arctic region where global warming progresses, reindeer has developed abnormally, and tens of thousands starved to death.

*温暖化が進む北極圏で海氷が縮小し、今世紀半ばまでにホッキョクグマの個体数が3分の1減少する恐れがある。
Sea ice shrinks in the arctic region where global warming progresses, and the number of polar bears may decrease by one – third by the middle of this century.
(from 英国王立協会(Royal Society)の専門誌バイオロジー・レターズ(Biology Letters))

 

 

 

 

Share Button

yukanatsumi