犬を救った初ギプス de マトリックス ブリッジ Save a dog with a matrix bridge Gips style

人生はじめてのギプス。新年あけまして初ギプス。犬を助けたんです。と言うと聞こえはいいのですが、、、
I got hurt to help the dog. The first cast (gips) in my life.

<<<経緯>>>

*健康的に夜12時前には寝た。たぶん11:45分頃. I went to bed early.

*深い眠りに入った12:15頃、ベッドから落ちそうになる。(落ちきってないトコがPOINT)I almost fell from bed.

*ベッドの下では、シュナイダー君が寝ている!まずい!落ちてはいけない!Under the bed my dog was asleep. Dangerous!

*何を思ったか私は、下半身がベットに残ったまま、映画「マトリックス」のように仰け反り、犬を救ったのである!!
I tried not to crush my dog. I am the same as the pose of the movie ‘Matrix’.

こんな感じ

足はベッドに残ったまま、ブリッジ状態で、犬をつぶさないようにして、何かに右手をついてしまった。右手の甲ね。

I hit the back of the right hand against something, I crouched for an hour with terrible pain.

一時間ぐらいは、アイスで冷やしながらうずくまっていた。うわー、これは骨、行っちゃったかもな〜て思いながら。心臓ドキドキしてた。
夜中の1時を回ってから、そうね、1:30頃かな?地震かな?って揺れがあったの。よりによって、こんなタイミングに・・

左手でスマホを操作しながら、地震速報を見たけど、全然地震の報告もない。だれか書き込んでいる人も見当たらない。え?気のせい?わたしだけが揺れてたの?

About two hours passed, I finally managed my smartphone with my left hand.

指は動く。安心した。
でも痺れてる。ビリビリと。神経やっちゃったかな? My finger moves but it is numb.

不安で検索すると、ボクサーの人が骨折しやすい位置で、指が動いても骨折の可能性もあるから、はやめに整形外科を受診するように書いてあった。

二時間目からは、痛いけど、スマホをじっくりいじれるくらい。三時間目くらいは、何とかトイレまで行けた。

 

やっちまったばかりは、まだこんな感じ。(まだ病院に行く前)Immediately after injury, swelling is small.

すごく痛かった割に、あんまり痛そうじゃないので、少し安易に考えてしまいそうですが、これから大変になります。

 

病院でレントゲンを撮ってもらった。先生が何度もレントゲンを見ている。拡大したり縮小したり。そして、おかしい、おかしい言ってる。
均等に並んでいるはずの指の骨。薬指だけ位置がずれている。そして、CT撮影へ・・・

I went to a hospital and asked a specialist to take an X – ray.
The doctor said “I am funny” when I saw the X – ray photo of my hand.
I was supposed to photograph CT.
The result of CT photograph is “bone deviated = subluxation fracture”

CTで精密検査しても、やはり、ずれていた。薬指と小指の間に何かがぶつかったみたい。薬指の骨がずれてる。
数時間後。アザや腫れが広がっていく…まずい。。As time passed, the area of Bruise widened.

ちなみに、この湿布みたいなのは、実は・・・「休足時間」ですw 湿布がなかったので、これで代用。(自己流です)

 

で、病院で診断されて[ギプス]って流れです。

 

<治療STEP>

明細によると、ポビドンヨード外用液(明治)と書いてありました。
検索すると、「手術部位(手術野)の皮膚の消毒、手術部位(手術野)の粘膜の消毒、皮膚・粘膜の創傷部位の消毒、熱傷皮膚面の消毒、感染皮膚面の消毒」とあります。
え??これって、手の消毒が向いているの? 消毒液は、足も手も同じでよいかと思っていた。微妙に何かが違うのかな?手につきやすい細菌とか??

上から「ゲンタシン軟膏」を。菌をやっつけてくれる効果があるようで、わりと万能薬みたいですね。

傷口はバンソコしてから靴下みたいなのを着用。

靴下っぽい生地の上から、ブルーのふわふわ(クッション効果あり?)を巻きます。
このブルーの、何ていう名前だろう?専門用語わかる方いたら教えてください。
検索してみた限りでは「オルテックス」(商品名)というのらしいですが、あってますかね??
硬いギプスと皮膚が当たって痛くないように、クッション効果があるみたいです。
で、なんで青いかというと、「ギプスをカットして取る時に、青いとこを目安にしてハサミを入れるから。」そう。目印みたいですね。(参考文献

し・・しかもAmazonで売ってました。(オルテックス(ギプス用綿包帯) 青2裂(15.0cm×4.5cm)12巻入

で、昔だったら、この上から石膏で固めますが、今の時代は便利な素材があって、
包帯みたいにクルクル巻いて、

じわじわじわ〜〜っと発泡するような音がして、
何かが溶け出して固まっていきました。この一番上の白いあみあみ包帯は、実はカチコチに硬いです。

どうやらグラスファイバー製の包帯で、お湯につけると柔らかくなって、その瞬間に巻き巻きして、だんだん固まってくる素材らしいです。
(もし間違っていたら、誰か教えてください。)

不思議ですね。技術進歩ですね。

3週間は固定が必要。ギプスがとれないので、汚くなっちゃいます。だから・・・

ミトン!。これをギプスカバーにします。(あくまでも自己流です。)Mittens will also be a cover for Gips.


ちゃんと指先も動きます。そう。
ずれた骨は指先をうごがしていると元の位置に戻るそうです!
これ本気でびっくりしました。


さすがにミトンで外出すると目立つので、、、使い捨ての包帯を軽くカバーするように巻きます。

 

バスタイムはビニールで密閉。

私は毎回使い捨てだけど、使いまわせる便利なグッズも販売しているようです。専用のギプスカバー
Cadi ギブスカバー 腕用 防水シャワーカバー シールタイト 腕を怪我してもシャワーOK 包帯やギプスのままシャワー (ショート)

 

<<<不便なコト>>>

髪がシュシュで結べない。とくにポニーテールができない。下ろしてサイドで軽くとめるのが限界。
まだバレッタの方が、少しマシ。左手で髪を捻って、右手で髪をおさえて、左手でバレッタ。

 

もともと、両利きなので、左手であれこれできるのは救いですが、
両手で作業すべきことができない。

犬の餌缶を開封するのも大変。カン切りも、右利き用なので、左手でカン切りは大変。

ちなみに、ハサミは、右手用も左手用ももっていたので、左手用ハサミで解決。

 

他にも気づいたことを時間があれば追記していきます。

 

<追記>

怪我して1週間して気がついたこと。
右手を怪我しているから、左手(特に腕)に、ボディークリームを塗れない。
両脚は、左手でぬれる。右上腕も左手でぬれる。けど、左上腕はとくに、右手でぬれない。
だから、
スプレータイプの化粧水をふきかけてから、左膝にクリームをのせて、左腕をひざにこすりつけながら塗っている。
なんとも無様な格好です・・・

ギプスの中が、かゆい!かけないし、ステロイドも塗れない。皮膚炎中なのに…

Share Button

yukanatsumi