エンターテイメントだなぁと感じるCM。I think this is entertainment.

日本の方なら誰もが知っている「ねこふんじゃった」♫が、壮大なバラードになって登場。
A black cat plays a magnificent ballad with a piano.
黒猫ちゃんの指がしっかり分かれている細かさが好き。The fingers of the cat are divided firmly.
ねこふんじゃったクロネコヤマト

指がちゃんと分けられていて、上がったり下がったり、リアルに動いてます。よくありがちな固定指先ではないから特注かも?

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-28-5-34-56

肩の動きやペダル裁きからして、中に入っている(あ、猫)は、ちゃんと本当にピアノを弾ける人だと思う。🐈

さらに視線まで考えている。The cat’s gaze also moves.
下記の楽譜を見る黒猫の視線はまっすぐですよね。
The cat’s eyes looking at the score are straight.
ねこふんじゃったクロネコヤマト

ところが、感極まって天井を仰いでいる時の視線をご覧あれ。(まぶたまでトロンと落ちて、芸が細かい。)
The cat’s eyes looking up on the ceiling faces upwards.
ねこふんじゃったクロネコヤマト

制作サイドが手を抜いてない感がヒシヒシと伝わってきます。

そして・・・

ちゃんと鍵盤も動いてます。(本当に押しているのか、自動で動くのかは不明。)

ねこふんじゃったクロネコヤマト

楽曲も盛り上げありを見せるところでは、尻尾も上がる、上がる。
ただくっつけている尻尾じゃなくて、動くように設計されている細かさも好き。手を抜いてない感じ。
The tail of this cat moves.

ねこふんじゃったクロネコヤマト

静止画だと分かりにくいんだけど、クレーンを使った、大掛かりなカメラワーク。上から下から横から動くごく。鳥の視線で。
この動きは重要で、浮遊感、躍動感を色付ける。音楽をより引き立ててくれる。(バックミュージックならぬ、バックカメラワーク。)

ねこふんじゃったクロネコヤマト

この躍動感、壮大な感覚は、動画を見ないと伝わらないと思うので、下にはっておきます。

まあ、聞いてください。この壮大なバラードを。

 

いや〜、貴重な時間を割いてまで、こんな風に思わず私が書いてしまった。そのCMパワーや。大成功ですね。

ねこふんじゃったクロネコヤマト

 

そして・・

 

トランスミュージックになっておりますww 結構、本気でトランスです。Cats dancing in trans music.

こちらも、マジなダンサーを使っている模様。ステップがやばい。Their dance steps are serious.

そして・・「ねこふんじゃった」が、だんだん「ねこふんにゃっにゃー」になってきて。もう本当に芸が細かい。

これぞエンタメだと思うのです。

ねこふんじゃったクロネコヤマト

ねこふんじゃったクロネコヤマト

ねこふんじゃったクロネコヤマト

 

トランスちっくな黒猫ダンス。ご覧あれ。

 

 

 

Share Button