もう・・・今年に入って、あちこち皮膚炎が止まらない。I am suffering from dermatitis from this year.
最初は自然薯食べて蕁麻疹。Because eating high viscosity yam, I appeared hives.
次に歯科の飲み薬で湿疹。
大腸内視鏡検査で腸環境が変わって原因不明の皮膚炎。(しかも薬を3回も変えてます。まだダメ。効果なし。)
Then also causes medicine of dental medicine and health diagnosis, eczema and dermatitis has occurred in my body.

そして、今回は3回目の皮膚炎のお薬を紹介します。
3回目だからステロイドレベルがアップしたのかな?って思ったけど、そうでもなくて・・・

 

<外用ステロイド剤は強さによって5段階>

Ⅰ群(最も強力:Strongest):デルモベート、ダイアコートなど
Ⅱ群(非常に強力:Very Strong):マイザー、ネリゾナ、アンテベートなど
Ⅲ群(強力:Strong):ボアラ、リドメックスなど
Ⅳ群(中等度:Medium):アルメタ、ロコイド、キンダベートなど
Ⅴ群(弱い:Weak):コートリル、プレドニン、グリメサゾンなど

 

<顔>

ロコイド(Ⅳ群)で効果が発揮されなかったのですが、顔用として更に弱いグリメサゾン軟膏(Ⅴ群)が処方されました。

zinc oxide ointment 4 : Gurimesazon 1

グリメサゾン軟膏

↑冷所保存(夏だからなのか?グリメサゾンだからなのか?は不明。)

実際に使用した第1印象・・・わ〜〜タバコ臭い>< かなり臭いです。
これを塗ったら人に会えないです。絶対むり。初対面の人には「きっとこの人は病的ヘビースモーカーだ」って思われます。
少なくとも私ならそう思いますもの。
だから一人で作業しているときか、もしくは、皮膚炎で処方されてタバコ臭いステロイドを使っている可愛そうな私・・をっちゃんと説明できた人の前でしか、使えないですね、ダメですね。いやーー、ちゃんと説明したとしてもタバコ嫌いにはきつい。
私自身、私の顔が臭くて、どうしようもない。しかも鼻筋にも赤い炎症があるので、自分の鼻に塗ってるから、自分自身最上級にタバコ臭い。

Gurimesazon” will be the smell of tobacco(smoke).

 

グリメサゾンは「グリテール」+「デキサメタゾン2つのメイン成分のお薬になります。

①「デキサメタゾン」というステロイド。(Dexamethasone)
ステロイドは皮膚の炎症を抑える作用に優れ、皮膚の炎症による荒れを抑えたり、炎症で生じるかゆみを抑えてくれます。Reduce the itching

②「グリテール(脱脂大豆乾溜タール)」というタール剤です。(Glyteer)
グリテールも炎症を抑える作用、痒みを抑える作用や抗菌作用などを有しています。Antibacterial action

  • 抗炎症作用(炎症を抑える作用)
  • 止痒作用(かゆみを抑える作用)
  • 乾燥作用(皮膚を乾燥させる作用)
  • 抗菌作用(ばい菌をやっつける作用)←この菌をやっつける薬が欲しかった。

↑あ〜〜!臭いの原因、見つけた。タールだ。タール。タバコ臭いの原因はタールだったのね。ニコチンじゃなくて。

脱脂大豆ってなんだろう?その名の通り、脂質を取り除いた大豆かな?
乾溜タールって?なんとなく、タールが乾燥したっぽいイメージですが・・・

あ、それと今回は、グリメサゾンがわずか20%で、80%は亜鉛華軟膏です。

グリメサゾン軟膏

亜鉛華軟膏は以前にも勉強したように、グジュグジュになった炎症部分を乾燥させるお薬です。
これは以前も使ってみて、本当に乾燥してきたので、すごーい!!と思った記憶があります。
今回も体液がグジュグジュになってデテいる炎症なので、亜鉛華軟膏たっぷりになってますね。

はじめて亜鉛華軟膏を使った時のブログ→http://yukanatsumi.com/?p=1703

 

ひとつ気になっていることがあるんです。

注意点としてステロイドは免疫を抑制するため、細菌の感染に弱くなってしまいます。
そのため、皮膚に細菌やカビが皮膚に感染しているような場合は、ステロイドを塗る事はオススメできません。

ん〜。私の勝手な判断で、カビとか細菌が原因では?って思っていたけど、前々回の病理検査で、炎症部分を綿棒で採取してちゃんと検査してもらったのに、細菌やカビが原因ではないって結果が出ている以上、細菌対策の処方にはならないもんね。

自分的には、脂漏性皮膚炎じゃないかって、ずっと思っていて、医師にもそう伝えてるんだけど、病理検査でカビや細菌が出てこないんだよね。
本当に謎です。はじまりは大腸内視鏡検査。(その時のブログ→http://yukanatsumi.com/?p=2243

や、その前に、自然薯で蕁麻疹が皮膚科に通った初めての時だったかな。
自然薯で蕁麻疹ブログ→http://yukanatsumi.com/?p=1804

あ、今回の飲み薬はこちら

<飲み薬>

★塩酸ミノサイクリン錠50(ミノマイシンと同じ成分らしいです)
病原菌の発育を抑えれくれる。(あれ?って事は医師は、やっぱり菌の方向でも薬を出した?)
炎症の症状を治したり、予防してくれる。(一旦かゆみを抑える気休めじゃない「治療」に近くて好きかも)

★クラリチン錠10mg
アレルギーを抑えてくれる(皮膚と関係ないけど鼻炎にもいいらしい)
でもって、皮膚炎的には、かゆいの原因ヒスタミンの作用をおさえてくれる・・らしい。

 

20160707-211123.jpg

どうだろうね。そろそろ結果が出てほしいな・・・

 

 

 

******

【私が処方して頂いた薬と効果効能】

<ステロイド強度5段階>

ステロイド強度ランク5段階

<塗り薬>

(顔に使用)

リドメックス http://yukanatsumi.com/?p=3371

http://yukanatsumi.com/?p=3967(とくに眉毛)

アルメタ軟膏 http://yukanatsumi.com/?p=6583 クールでしみる

グリメサゾン http://yukanatsumi.com/?p=2571 タバコ臭い

(身体に使用)

マイザー http://yukanatsumi.com/?p=3371 (これは効果高い!一番使った)

デルモゾール http://yukanatsumi.com/?p=2734

(頭皮)

リンデロン VGローション http://yukanatsumi.com/?p=3371(即効性がある)

(非ステロイド)

アクアチムクリーム http://yukanatsumi.com/?p=2734 (ニキビ併発の時に助かります)

(体液には)

亜鉛華軟膏 http://yukanatsumi.com/?p=1703 (体液がしたたる時は必須)

<飲み薬>

(アレルギーを抑える)

ザイザル http://yukanatsumi.com/?p=3410

プレドニン http://yukanatsumi.com/?p=3371

クラリチン http://yukanatsumi.com/?p=2571

エピナスチン(アレジオン) http://yukanatsumi.com/?p=2734

(非ステロイド)

シクロスポリン http://yukanatsumi.com/?p=5884

(抗炎症)

ミノサイクリン http://yukanatsumi.com/?p=2571

クラリス(抗生物質) http://yukanatsumi.com/?p=3410

セレスタミン http://yukanatsumi.com/?p=3455

ポララミン(抗ヒスタミン) http://yukanatsumi.com/?p=2935 (かゆみが即効ひいた)

(胃薬) あんまりにも強い薬を飲んでいたので

ファモチジン http://yukanatsumi.com/?p=3371

<血液検査>

皮膚炎の血液検査とアレルギー結果発表&セレスタミンで就寝時のかゆみをおさえる。

******

Share Button