世界保健機関(WHO)のテドロス・アダノム・ゲブレイェスス事務局長

Tedros Adhanom Ghebreyesus)事務局長

1948年に設立されたWHO

WHOには194の国が加盟

WHOの仕事のほとんどは、データ収集、専門用語の定義、手順の作成や調整役

WHO設立目的

「保健健康を促進し、世界の安全を維持し、弱い者に奉仕する」

各国・地域の政府に対し保健政策を強制する権限はないが、助言役として活動。

主な3つ

1・あらゆる国で、だれもがアクセスできる保健衛生を目指す

2・保健衛生の緊急事態を予防し、発生した場合は対応する。

3・すべての人への健康と安心を促進する。

テドロス氏の母国はエチオピア

エチオピアはアフリカの中で最も中国と親密。

テドロス氏はエチオピアで外相と保健相を務めていた。

AFP bb

https://www.afpbb.com/articles/-/3278880?cx_amp=all&act=all

テドロス氏は中国から巨額インフラ投資を受けるエチオピアの元保健相・外相だ

PRESIDENT Online

2020/02/04 17:00

中国からアフリカへの投資額

第1位 ナイジェリア

約5兆5500億円

第2位 アンゴ

約2兆7600億円

第3位 エチオピア

約2兆 6600億円

エチオピアの国家予算が

約1兆5,264億円

なので、国家予算をはるかに超える投資を受けている。

2017年にテドロスが事務局長に選出されることとなった。

WHOが中国・武漢市での新型コロナウイルス感染症のアウトブレイク(流行)を察知したのは、昨年12月31日だった。

今年1月5日には、WHOは最初の情報を世界に向けて発信している。だが、その発信は「中国では人から人への重大な感染は報告されていない」といういまから考えるかなりお粗末な内容だった。その後も緊急事態の宣言を見送る

1月28日のテドロス氏の訪中だった。訪中して習近平・国家主席と会談まで行っていた。会談の内容は明らかにされていないが、通常、WHOのトップが新興感染症の流行国に乗り込むようなことはまずない。まず入るのは疫学の専門家チームであるのが常識である。

この時、米国の調査団を拒否したはず。2月の段階でアメリカを拒否した情報を私は手に入れていた。

感染が拡大し始めた今年1月の時点で、WHOは『人と人の感染はない』『(国境をまたぐ)渡航禁止は必要ない』と主張していた」

わざわざ、渡航禁止は必要ない

と言うには理由がある。

それがアメリカの中国からの渡航禁止のニュースが流れた後だった。

時事通信

米政府が1月末に発表した中国からの入国禁止措置についてWHOが反対したことを「最も危険な判断」と非難。

https://www.jiji.com/amp/article?k=2020041500221&g=int

この時のことを覚えてますよ。日本も中国からの渡航者を直ちに入国禁止にすべきと私も思っていたんですが、

日本政府は全然動いてくれなくて、イライラしたのを覚えています。だからトランプ大統領のスパッと気持ちの良い判断はとても良かったと思ってます。

それなのにWHOがトランプ大統領の判断を批判していたのをニュースで見てビッくらこきました。

WHOって世界中の人の健康を守るための機関じゃないんですか?

渡航者を入れないようにするのは健康面から見て当然でしょう。

中国経済のために貿易や人の行き交いを止めるなって、なんすかそれ。

ちなみにこの時トランプ大統領は、人間と人間の交流は感染の可能性があるのでやめた方が良いが、物資のやり取りつまり貿易は引き続き行うと述べています。

トランプさんにしては(失礼)まともなコメントだと思いませんか?

そしてアメリカ側の報道では、中国が困っているならば医療的サポートを行う、何か足りないものはないか?と言う趣旨の発言までしているんです。

だけど、その時の様子を中国で報道している段階で、医療的サポートの話をしていたことが文章から削除されていて、あたかも中国を拒否したような表現にすり替えられていました。

だから私いつも思うんです。

自国のニュースだけを見るな。

他国のニュースも見よ、そして各国の視点からの報道を確認せよ。

2月29日 朝日新聞

米国の入国制限、中国以外への拡大検討 トランプ大統領

米国は2月上旬から、14日以内に中国本土を訪れた人は、原則として入国を認めていない。

トランプ米大統領は28日、米国への入国制限の拡大を検討していることを明らかにした。現在は中国からの渡航者のみが対象だが、感染者が増えている他の国からの渡航者にも広げる可能性を示した。

https://www.asahi.com/sp/articles/ASN2Y4V9BN2YUHBI01B.html?ref=amp_login

1/30

WHOは緊急事態宣言を行う。

しかし国と国の貿易や人の出入国について制限する必要はないと言う。

これはアメリカが2月から中国からの入国を拒否すると言うニュースを1月末の段階で発表した直後に当たる。

2/11

ようやく新型コロナウィルスの正式名称として、COVID 19 と言う名称を発表する。

中国寄りの姿勢が顕著に表れたのは台湾の排除問題である

台湾の蔡英文(ツァイインウェン)総統は米誌タイムの16日付電子版に掲載された寄稿で、「台湾は世界保健機関(WHO)や国連から不当に排除されてきた」と訴えている。

中国との対立を背景に、台湾は2017年にWHO総会へのオブザーバー参加を取り消された。

WHOは緊急事態を宣言した30日の緊急委員会だけでなく、

1月22日、23日の両日に開催された2回の緊急委員会にも台湾当局を招待しなかった。

台湾では1月21日に武漢で働いていた50代の女性が感染していたことが確認され、1月30日までに8人の感染者が出ている。

台湾の福利衛生部(日本の厚生労働省に相当)に設置されている中央感染指揮センターの報道官は、WHOの会合に台湾が参加できないことについて遺憾の意を示し、蔡英文総統も「WHOには政治的要因で台湾を排除せず、台湾が参加できるようにしてもらいたい」と表明した。

1971年に中国が国連に加盟したと同時に台湾は脱退して以降、台湾はWHOなどの国際専門機関の多くに加盟できていない。

専門機関への参加は国連加盟が必須ではないものの、国連常任理事国である中国の賛成が得られないこともあり、台湾は排除され続けている。

日本の安倍晋三首相も1月30日の参議院予算委員会で、「政治的な立場で、この地域を排除するということを行うと感染防止は難しい」と発言。

でも日本は1972年に日中国交正常化に伴い、台湾と断交している

「昨年12月に台湾の保健当局者が『新型コロナは人・人感染の恐れがある』とWHOに警告していた。そのメールをなぜ無視したのか」

台湾中央感染症指揮センターによれば、台湾の保健当局は昨年12月31日、中国・武漢で呼吸器系の感染症が発生しているとの情報に基づき、WHOの連絡窓口に電子メールで通報。

重症急性呼吸器症候群(SARS)を疑わせるような症状があることや「患者が隔離治療を受けている」ことを明記したという。

WHOの運営予算は、各加盟国に割り当てられた分担金と、任意による拠出金という2種類の歳入で賄われている。

拠出金には義務的な「分担金」と、自発的な「任意拠出金」の2種類がある。

WHOの予算は2年制だ。2020-21年予算は約48億5000万ドルで、その前の2年間から9%増えた。

各加盟国には割り当てられた分担金を支払う義務があり、WHOは自由に用途を決められる。

拠出金は、加盟している超大国に加えてNGOや民間組織、慈善団体、例えばカーターセンター、ブルームバーグ・フィランソロピーや、長期に渡るWHOの大口寄付者のひとつであるビル&メリンダ・ゲイツ財団などからの寄付金だ。

拠出金は国際的な公衆衛生のニーズに合うか合わないかは問わず、寄付者の意向に沿った目的に充てられることが多い。

テドロス氏の辞任要求の署名が1,000,000人近く集まっている。

WHO事務局長、テドロス・アドハノム・ゲブレイエススの辞任を求める

Call for the resignation of Tedros Adhanom Ghebreyesus, WHO Director General

https://www.change.org/p/united-nations-call-for-the-resignation-of-tedros-adhanom-ghebreyesus-who-director-general

そしてとうとうこんな発表もしました。

4/21 読売新聞

新型コロナ感染源、WHO「武漢の研究所の可能性ない」

【ジュネーブ=杉野謙太郎】世界保健機関(WHO)のファデラ・シャイーブ報道官は21日、新型コロナウイルスが中国・武漢のウイルス研究所から流出したとの疑惑について、「科学に基づいて行動するWHOの立場として武漢の研究所の可能性はないとみている」と記者団に述べた。

シャイーブ氏は、「客観的な証拠はこのウイルスが動物に由来するもので、研究所で誰かに細工されたものではないことを示している」と語った。ウイルスが武漢の研究所から流出したとの疑惑は、米FOXニュースなどが報じているが、中国側は否定している。

https://www.yomiuri.co.jp/world/20200421-OYT1T50285/

科学に基づいて行動するWHOの立場として

だと言うならどういう風に科学的なのか説明がない。

武漢の研究所の可能性はないとみている

ここまではっきり言うならその根拠を聞いてみたいね。

ウイルスが動物に由来するもので、研究所で誰かに細工されたものではない

研究所で人間が新しいウィルスを作る際に動物を媒介して人工的に作り上げたわけなんですが。

今回はコウモリ🦇らしいですね。

よく実験室ではマウスを使って研究をしますが、マウスは動物です。マウスを使った新しいものを作り上げるとき、それはマウスと言う動物を使ったから人工的ではないと言うのでしょうか?

WHOばかすぎる。

なぜ4月21日の段階で、科学的に武漢研究所ではないみたいな表現をするかというと、その数日前にノーベル賞受賞者が新型コロナウィルスは人工的に作り上げられたと断定して発表したから慌ててWHOは科学的だと言い出したんです。

ノーベル賞受賞者の科学的根拠をもちろん私も見ましたが、

科学とは何かと言う点で、IQの違いを見せつけられたと言うか、WHOの非科学的な金に汚染された言い訳が、”もうちょっと頭の良い言い訳なかったのかよ”と突っ込まざるを得ないような幼稚なコメントを発表したので、今まで日本がWHOに貢いできた巨額のマネーはドブに捨てたんだなと確信した。

健康を害する発表をしてくれましたよね。

感染予防にマスク着用不要 過度の使用控えてとWH

2020年3月1日

【ジュネーブ=共同】世界保健機関(WHO)は2月29日までに、新型コロナウイルスの感染予防に向けたマスクなどの適切な使い方の指針を公表した。せきやくしゃみといった症状がない人は予防目的で学校や駅、商業施設など公共の場でマスクを着用する必要はないとして、供給不足に拍車を掛けないためにも過度の使用を控えるよう呼び掛けた。

WHOで緊急事態対応を統括するライアン氏も28日の記者会見で「マスクをしていないからといって、感染の可能性が必ずしも上がるわけではない」と強調。安心感を得たいとの気持ちは理解できるとして「マスクをする人を批判するわけではない」とした上で、手洗いの励行や、顔や目をむやみに手で触らないといった衛生上の注意点を守ることこそが「最も効果的だ」と言明した。

無症状感染者もいるわけですが…

Share Button