全然想像つきますよね。

ニューヨークポストにこのような記事がありました。

https://nypost.com/2020/03/26/coronavirus-can-survive-on-shoes-for-up-to-5-days-experts-warn/

Coronavirus can survive on shoes for up to 5 days, experts warn

The coronavirus is known to make a home on many non-human surfaces, including doorknobs, cardboard boxes and shopping carts. Now, to the surprise of probably no one, experts are calling shoes a “breeding ground” for germs.

Infectious disease specialist Mary E. Schmidt warns that the coronavirus could survive on rubber, leather and PVC-based soles for five days or more, the Huffington Post UK reported — and has even suggested that individuals wear shoes that are machine-washable.

Depending on what materials are used to make a shoe, the pathogen can remain for days on the upper part as well. The National Institute of Allergy and Infectious Diseases found that COVID-19 can survive on plastic for up to two or three days, meaning shoes featuring plastic components are also risky — though that’s not a primary concern for some doctors.

コロナウイルスは、ドアノブ、段ボール箱、ショッピングカートなど、人間以外の多くの場所に家を作ることが知られています。 さて、おそらくだれもが驚いたことに、専門家たちは靴を細菌の「繁殖地」と呼んでいます。

感染症の専門家であるメアリーE.シュミット氏は、コロナウイルスがゴム、革、PVCベースの靴底で5日以上生き残る可能性があると警告しており、個人が洗濯機で洗える靴を履くことを提案しています。

靴を作るために使用される材料に応じて、病原体は上部にも数日間とどまることがあります。 国立アレルギー感染症研究所は、COVID-19がプラスチック上で最大23日間生き残ることができることを発見しました。つまり、プラスチック製のコンポーネントを備えた靴もリスクを伴いますが、それは一部の医師にとっては主要な懸念事項ではありません。

“The sole of the shoe is the breeding ground of more bacteria and fungi and viruses than the upper part of a shoe,” emergency physician Cwanza Pinckney tells HuffPost. 

A 2008 study by microbiologists at the University of Arizona found that the average shoe sole contains some 421,000 bacteria, viruses and parasites. However, Pinckney reminds us that many of these microorganisms “influence and allow us to develop immunity.” So, in many ways, they could be helping us stay healthier.

Nevertheless, public health specialist Carol Winner says taking your shoes off before entering the home is a smart measure for anyone.

“If you can leave them in your garage or in your entryway, that would be ideal, as you don’t necessarily have to leave them outside,” she tells HuffPost. “The idea is to just not track them throughout the house.”

「靴の裏側は、靴の上部よりも細菌、真菌、ウイルスの繁殖地です」と救急医のクワンザピンクニーはハフポストに語った。

アリゾナ大学の微生物学者による2008年の研究では、平均的な靴底には約421,000の細菌、ウイルス、寄生虫が含まれていることがわかりました。 しかし、ピンクニーは、これらの微生物の多くが「影響を与え、免疫を発達させることを可能にする」ことを思い出させます。 したがって、多くの点で、それらは私たちの健康維持に役立つ可能性があります。

それにもかかわらず、公衆衛生の専門家であるキャロルウィナーは、家に入る前に靴を脱ぐことは誰にとっても賢明な手段であると言います。

「ガレージや玄関に置いておくことができれば、屋外に置く必要がないので理想的です」と彼女はHuffPostに語った。「アイデアは家中のそれらを追跡しないことです。」

誰もが驚いたことにとか書いてますけど、全く驚きませんよね当たり前ですよね。

玄関で靴を脱ぐ習慣がついている日本人にとって、靴は汚いものですから。

しかも靴底だけじゃなくて足の甲側や足首付近とかも菌で汚染されてる可能性大じゃないですか。

だから外で履くものと部屋の中で履くものは別々にするのは当たり前ですが、

コロナの問題がある以上、靴は毎回消毒ですよ。

ワンコの散歩だって、素足をそのままつけるなんてありえない。

ワンコには靴を履かせてます。

そして散歩にもいかせられないんですが、どうしても狂犬病の注射をうたなきゃいけなくて外出した時は、

当然靴履かせてますし、1回履いたらもう丸洗いですよ。

Share Button