東京都健康安全研究センター広域監視部 平成 19 年度先行調査

http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/shokuhin/hyouka/files/20hyouka2-siryo2-3.pdf

シナモンには大きく分けてセイロンシナモンとカシアの 2 種類が あり、前者の方がクマリンの含有量が少ないと言われている

近年、シナモンの過剰摂取により肝障害を誘発することが指摘され、BfR(ドイツ連邦リスクアセス メント研究所)では、2006 年、シナモンの過剰摂取は健康リスクを否定できないとして、クマリンの 耐容一日摂取量(TDI)を 0.1mg/kg/day と設定した。

 

 

 

 

 

SOFINA iP

クロロゲン酸 飲料

https://www.sofina.co.jp/ip/drink/qa/

果糖ぶどう糖液糖、生コーヒー豆エキス、難消化性デキストリン、魚コラーゲンペプチド、デキストリン加工品(デキストリン、食塩)、麦芽エキス、酸味料、香料、環状オリゴ糖、アルギニン、甘味料(スクラロース、アセスルファムK)、ビタミンB6、(原材料の一部にゼラチンを含む)

 

 

 

 

抗糖化に関する視聴者さんの情報

Share Button