このリクエストから…

言い回しに品があり、乱暴な人が多いYouTubeにおいて、私はつくづく品格のある視聴者に恵まれているなと実感。

 

さて、シワにいいんだかどうだかで騒がれている「レチノール」「ビタミンA」の違いとは何ぞや・・あたりから。

にんじんやカボチャに含まれているβ(ベータ)-カロテンを摂取すると、小腸でビタミンAに変換される。
ビタミンAの主要な成分がレチノール。

 

βカロチン→レチノール→レチナール→レチノイン酸

 

 

 

正常な視覚機能を維持するのに必要なのがレチナール。
遺伝子の発現調節に関与し、抗がん作用を持つのがレチノイン酸。

 

*体内摂取
*経皮吸収

ヒトの皮膚ではレチノール(ビタミンA)は、主にこのパルミチン酸レチノールの形で蓄えられている

皮膚に塗ったパルミチン酸レチノールは皮膚から吸収されてレチノールに変換され、最終的にレチノイン酸となる(過剰摂取に注意)

 

紫外線A波とB波は、人の皮膚のビタミンAを減少させる
でも、パルミチン酸レチノールはレチノールより光に強い。

 

 

【過剰摂取に注意】 推奨栄養所要量 (RDA) を超えてはいけない

 

レチノイン酸配合の化粧品は、妊娠中の使用が不可  ・・・・・・・・・・・・

「催奇形性(さいきけいせい)はビタミンAの代謝産物である、レチノイン酸によることが解明されてきました。」

日本産婦人科医会 http://www.jaog.or.jp/sep2012/JAPANESE/jigyo/SENTEN/kouhou/food.htm

 

 

 

【前借りの謎】・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

少ない。3つともヒットするのは1件だけ。

誰が書いたかわからないブロク、文献ソースなし。

 

 

 

 

 

 

【文献】・・・・・・・・・・・・・・・

 

Vitamin A, Cancer Treatment and Prevention: The New Role of Cellular Retinol Binding Proteins
ビタミンA、がんの治療と予防:細胞レチノール結合タンパク質の新しい役割
https://www.researchgate.net/publication/276088545_Vitamin_A_Cancer_Treatment_and_Prevention_The_New_Role_of_Cellular_Retinol_Binding_Proteins

April 2015
University of Rome Tor Vergata ローマ・トルヴェルガタ大学

 

Retinol derivatives are fundamental for vision,
while retinoic acid is essential for skin and bone growth.
レチノール誘導体は視覚の基本であり、
一方、レチノイン酸は皮膚と骨の成長に不可欠です。

Intracellular retinoid bioavailability is regulated by the presence of specific cytoplasmic retinol and retinoic acid binding proteins (CRBPs and CRABPs).
細胞内レチノイドのバイオアベイラビリティは、特定の細胞質レチノールおよびレチノイン酸結合タンパク質(CRBPおよびCRABP)の存在によって規制されています。

 

・・・・・・・・・・

 

Natural antioxidant vitamins: A review of their beneficial roles in management of diabetes mellitus and its complications 

http://www.bioline.org.br/pdf?pr16178

天然の抗酸化ビタミン:真性糖尿病とその合併症の管理における有益な役割のレビュー

Pharmacotherapy Group, Faculty of Pharmacy, University of Benin, Benin City, 300001 Nigeria. 

ナイジェリア、ベナン市、ベナン大学薬学部、薬物療法グループ。

 

Vitamin A, a lipid-soluble vitamin is an isoprenoid compound with a 6-membered ring and an 11- carbon side chain and is found in plants as a provitamin called β-carotene (Figure 1, the most abundant carotenoid which can be converted to vitamin A by an oxygenase present in the intestine [33]. β-carotene has antioxidant properties that can help neutralize free radicals [34]. It remains the major source of vitamin A in the body and plays a significant role in maintaining the health of cells. Vitamin A is an essential nutrient needed for normal growth, reproduction, embryonic development, vision and immune function [35]. β-carotene can be found in food sources such as carrots, sweet potatoes and apricots. Vitamin A deficiency can lead to two major disorders like: night blindness and drying of the skin.

脂溶性ビタミンであるビタミンAは、6員環と11炭素の側鎖を持つイソプレノイド化合物であり、β-カロチンと呼ばれるプロビタミンとして植物に見られます(図1に変換できる最も豊富なカロテノイド 腸内に存在するオキシゲナーゼによるビタミンA [33]。β-カロチンは、フリーラジカルの中和に役立つ抗酸化特性を備えています[34]。体内のビタミンAの主要な供給源であり、健康維持に重要な役割を果たします ビタミンAは、正常な成長、生殖、胚発生、視力、免疫機能に必要な必須栄養素です[35]。β-カロチンは、ニンジン、サツマイモ、アプリコットなどの食物源に含まれています。 次のような2つの主要な障害:夜盲症と皮膚の乾燥。

 

 

The combination of Vitamin A and insulin could protect the heart against the damaging effects of diabetic-induced pre-oxidative stress [43].

 It has been shown that vitamin A supplementation could improve wound healing even in the absence of insulin and this indicates that vitamin A may be useful in wound management of insulin-resistant diabetic patients [44].

ビタミンAとインスリンの組み合わせは、糖尿病誘発性の酸化前ストレスの有害な影響から心臓を保護する可能性があります[43]。

ビタミンAの補充は、インスリンがなくても創傷治癒を改善できることが示されており、これは、ビタミンAがインスリン抵抗性糖尿病患者の創傷管理に有用である可能性を示しています[44]。

 

The treatment with β-carotene increased hepatic glutathione levels and also reversed the increased cardiac and renal levels of lipid peroxidation in diabetic rats [47].

β-カロチンでの治療は、糖尿病ラットの肝臓のグルタチオンレベルを増加させ、心臓および腎臓の脂質過酸化レベルの増加も逆転させました[47]。

 

It has also been reported that dietary supplementation with β-carotene could reduce plasma triglycerides and other indices of diabetic risk which may in turn, reduce the occurrence of diabetic vascular complications by normalizing lipid metabolism in diabetic patients [48].
また、β-カロチンの食事サプリメントは、血漿トリグリセリドおよび糖尿病リスクの他の指標を減少させ、糖尿病患者の脂質代謝を正常化することにより、糖尿病性血管合併症の発生を減少させることも報告されています[48]。
【レチノールコスメ】・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

【キソ スーパーリンクルセラム VA 30ml】純粋レチノール配合原液を3%配合 レチノール セラム

¥1,480

https://amzn.to/2OfqH4L

 

  • 販売名:キソ スーパーリンクルセラム VA 30ml
  • 容量:30ml
  • 全成分:水、グリセリン、プロパンジオール、ペンチレングリコール、レチノール、ヒアルロン酸Na、トコフェロール、ダイズ油、 ツボクサエキス、オウゴン根エキス、イタドリ根エキス、カンゾウ根エキス、チャ葉エキス、ローズマリー葉エキス、カミツレ花エキス、 アルギン酸PG、アラビアゴム、キサンタンガム、BG、エチルヘキシルグリセリン、カルボマー、水酸化K、ホウケイ酸(Ca/Na)、酸化銀
  • 生産国:日本(Made in Japan)

 

 

 

【医薬部外品】 DHC薬用レチノAエッセンス 3本セット

¥2,680   https://amzn.to/31v5Lu2

↑ 3本の値段です。とはいえ1本5gです。

持ち運びを考えたら、この5gミニサイズはとても便利。

 

 

 

 

ほうれい線や目もとの小ジワに。年齢肌対策エッセンス

エイジングケア成分「レチノール」を配合した美容液。
レチノールが、肌の弾力を保つコラーゲンの生成に深くはたらきかけ、角層細胞ひとつひとつをふっくらとさせ、やわらかな弾力とハリを与えます。
さらに、すこやかなターンオーバーをサポートして、古い角質の排出をうながします。
衰えがちな肌のはたらきを整えながら、乾燥によるシワや毛穴のゆるみなどが気になる肌を集中的にケアします。
無香料・無着色・パラベンフリー・天然成分配合。

 

<エンビロン>

 

 

 

 

 

 

Share Button