クライアントを騙し110万円のキックバック(裏金)を受け取った自称経営コンサルタント齋藤健太被告(証拠付き)

自称経営コンサルタント齋藤健太被告(株式会社プラスリード代表・アダルトグッズ販売会社社長・FKジャパン取締役)が、クライアント(当時)に品質の悪いWEB会社※1を紹介し、そのWEB会社からキックバック110万円をクライアントに隠れて受け取っていた事実について、公共の利益のために公表します。

※1 「品質が良くなかった」というのは、クライアント担当者本人からの言葉です。

本物の経営コンサルタントとは、クライアント企業様の経営状況を上向かせるためにコンサルすべきである。

しかし齋藤健太被告(プラスリード社長)は、当時クライアントであったビオクラ社の通販事業において、クライアントの事を考えもせず、齋藤自身のキックバックを受け取る事を目的としてWEB会社を紹介。

そのWEB会社から110万円のキックバック(裏金)を齋藤被告は受け取っていた

証拠↓ ※これは齋藤健太被告自ら作成した収支である。

齋藤健太被告(プラスリード社)裏金の全貌(キックバック110万円を受け取る)東京地裁提出証拠書類

齋藤健太被告(プラスリード社)裏金の全貌(キックバック110万円を受け取る)東京地裁提出証拠書類

・コチラのページにも同証拠を掲載しています▶︎http://yukanatsumi.com/?p=468

 

このようなコンサルタントが、真の経営コンサルタントと言えるであろうか?

クライアントには口だけ上手い事を言って多額の契約金を詐取し、良質のコンサルの欠片もない、いわば自称経営コンサルタントである事の証明である。

今後、この偽善コンサルタント齋藤健太被告の手によって、次々とクライアント企業が犠牲とならぬよう、公共の利益を目的として、発表した。

他にも経営コンサルタントとしてあってはならないクライアント企業の守秘義務違反などしているので、追って公表する。

※事件の張本人である齋藤健太被告は、自宅から覚醒剤が発見され、妻の伊達あい被告(齋藤千鶴)と子供達と現在も行方をくらまして謝罪もせずに逃走中

 

齋藤健太被告・伊達あい被告夫妻宅から覚醒剤が発見された事件について とうとう齋藤夫妻とガキどもは住所不定になり逃走中です。齋藤夫婦の虚偽の住民票(原本)
齋藤健太(プラスリード代表・早稲田大学エクステンションセンター講師)著作権法違反の裁判の過程→ 齋藤被告の泣きの珍回答『判決文』(東京地方裁判所)
齋藤健太と岡田功弁護士による脅迫・強要行為犯行現場のVTR音声 と裁判妨害行為
守秘義務違反の無断コピペ書籍「問題解決のためのデータ分析」著者:齋藤健太の悪質な違法行為 とセクハラ事件
アダルトグッズ販売会社社長:齋藤健太(自称経営コンサルタント)に対する『判決文』 並びに齋藤被告の『借金』
齋藤健太被告ならびに伊達あい(齋藤千鶴)被告とそのガキどもは現在『逃走中』につき、潜伏先をご存知の方はメールフォームより御連絡ください。ご協力お願い申し上げます。

 

 

 

 

 

 

Share Button

yukanatsumi